映画「BLEACH」あらすじ

15歳の高校生でオレンジ髪の少年、黒崎一護は特に霊感の強い少年だった。霊感が強すぎで霊と話すことができる。
あるとき、一護の部屋に死神である朽木ルキアが現れた。一護はいきなり現れた死神の存在に驚くが、死神が見える人間がいることに驚く朽木ルキア。双方しているうちに、近くでバケモノの声が聞こえる一護。大きな物音も聞こえ急いで階段を降りると、家が一部壊されバケモノに襲われている妹の遊子がいた。一護が遊子を助けようとし、ルキアもバケモノを倒そうとするが、ルキアもやられてしまう。どうすればいいのか一護がルキアに尋ねると「お前が死神になれ」と言う。一護は家族を助けたい一心で、ルキアの斬魄刀を胸に刺し、ルキアの死神の力をもらい、死神になることができた。その力で、一護はバケモノを倒すことができた。
翌日、家族は昨夜のことの記憶がなくなっており、一部崩壊した家もトラックが突っ込んできたという事故になっていた。
昨夜のことを不思議に思っていた一護だが、死神であった朽木ルキアがクラスの転入生となっていた。
驚いた一護だが、教科書に「騒いだら殺す」とルキアに書かれ、屋上に呼ばれる。ルキアによると、一護に半分死神の力を送ろうとしたら、全部送られてしまい、自分の力が無くなってしまったとのこと。そこで、一護に代わりに死神代行をやるように命令する。最初に激しく拒んだ一護だが、死神の仕事を代わりにやることにした。
死神の仕事とは、普段の良い霊をソウルソサエティに送ること(世間一般に言う成仏)と昨夜のバケモノである虚(ホロウ)を倒すこと。

一護は死神代行をすることである虚に出会う、「グランドフィッシャー」という虚だが、これは昔一護の母親を殺した虚だった。一護はグランドフィッシャーを倒すため、ルキアと死神の修行を始める。また、ルキアの幼馴染の阿散井恋次が現世に現れ、ルキアが死神の力を人間に譲渡したことを知る。死神の力を人間に渡すことは死刑に値すること。そのことを阿散井恋次は六番隊体調の朽木白夜に報告。朽木白夜も現世に現れ、ルキアに一護を殺して死神の力を取り戻せと言う。しかし、未だ力が戻っていないルキアは、一護がグランドフィッシャーを呼び込む良い餌になる、利用価値が高いと説明。一護の殺害を延期させようとする。そのことを聞いた一護はグランドフィッシャーを倒すべく、修行に励んだ。
結果、グランドフィッシャーを倒すことができた一護だが、朽木白夜には勝てず、殺されそうになった一護を見てルキアは朽木白夜に付いていくと言い、無理やり一護から死神の力を奪い、帰ってしまう。そして、一護から死神の記憶を無くさせる。けれども教科書には「騒いだら殺す」という文字。また二人が出会うことはあるのか?

映画「BLEACH」感想

漫画BLEACHの大ファンで、映画上映もとても楽しみでした。
映画のお気に入りシーンは一護演じる福士蒼汰さんとルキア演じる杉咲花さんの修行シーンです。
杉咲さんの剣さばきはとても魅力的で、素晴らしく驚きました。
福士蒼汰さんの厳しい修行シーンもよくできたな~と驚きです。
BLEACHは漫画でも修行シーンがとても多いので、そのためか映画でも修行シーンを大事にしているのかなと感じました。
一護の戦闘シーンの迫力もすごいのですが、好きなのが阿散井恋次の斬魄刀解放シーン。
「咆えろ蛇尾丸」はめちゃくちゃかっこよかったです。ただ、朽木白夜の斬魄刀解放シーンがなかったのがとても残念でした。
漫画を映画化することで賛否両論ありますが、私は良かったと思います。
ただ、漫画好きからすると厳しいコメントもありますが、漫画を読んだことがない主人は
「面白かった」と言っていました。私も同感です。
ただ、BLEACHはもっとかっこよくてもっとオシャレなので、そのことを知っていると少し物足りなさがあるのが本音です。