映画「検察側の罪人」あらすじ

エリート検察官の最上毅(木村拓哉)と最上を慕う後輩検察官沖野啓一郎(二宮和也)、検事部に配属された新米検事橘沙穂(吉高由里子)。
ある日、三人は夫婦殺人事件に携わる。その中の重要参考人である松倉重生(酒向芳)は時効で終わった少女殺人事件の重要参考人でもあった。そして、取り調べをしていくなかで松倉は少女殺害を認めた。その少女の古くからの友人であった最上は、松倉を必ず捕まえようと固執し続けた。けれども、夫婦殺害はしていないと松倉は否定し続ける。ある日、居酒屋で夫婦を殺したと酒に酔いながら豪語した男がいたとの証言を手に入れる。その豪語した男は弓岡嗣郎(大倉孝二)。松倉が犯人という確証が薄くなり、けれども最上は松倉に固執する。沖野と橘は、最上は松倉を犯人と仕立て上げようとしているのではないかと感じた。特に最上に疑いを感じた橘は、実は以前にキャバクラの裏事情の暴露本を書いた実績がある者だった。今回は最上の暴露本を書くために、検察に潜入捜査をしていた。
松倉の犯人の疑いが薄くなったのは、弓岡がいるため。最上がとった行動は、「弓岡を消す」というものだった。弓岡が警察に囲まれる前に最上が「逃がす」と言って最上を匿うフリをし、森の中に弓岡を連れていき、弓岡を殺害。そして埋めた。
翌日、警察の中では弓岡が「消息不明」となり、その会議の中で最上は沖野と橘は、消息不明の前日二人で弓岡の働いていたラブホテルにいたということを知る。そこで最上は自分が沖野と橘に疑われていることに気づいたが、最上も橘が暴露本執筆の経験があることを知っていると発言。今度は検察側の暴露本を書こうとしているのか?と疑われ、橘は翌日辞表を出した。
最上は自分が描いたストーリー通りにこの事件を進めようとしている。殺害された友人ために、殺した犯人を意地でも捕まえる。殺人を犯してなくても犯したことにして捕まえようとしている・・。そのことに沖野は最上に失望し退職。沖野と橘で松倉の無罪を主張しようと動き始めた。
その結果、松倉は無罪となった。

けれども、松倉は「事故」として死んだ。

そして、最上は罪を疑われることなく、検察官として生きている。

映画「検察側の罪人」感想

証言を得ようと松倉を脅す沖野役を演じた二宮さんの迫真の演技がとても印象的でした。
けれども、それ以上に木村さんが演じた最上がとても怖かったです。
世間の中で、木村さんは何を演じても「キムタク」と言われているようですが、私は最上を「キムタク」ではなく、
純粋に「最上毅」として見れました。
映画として見どころがとても多く、橘が検察に潜入していたことも驚きでしたが、
最後に松倉が車に轢かれたところは、息が止まりました。笑
私は、予想ができないどんでん返しのような映画が好きなのですが
この映画は全く予想ができなく、とても私好みの映画でした。
是非、原作の本も読んでみたいと感じました。
ただ、木村さんと二宮さんの共演ということで、そこに大きく宣伝されていましたが
そこまで木村さんと二宮さんの言い合いなどがなかったので、二人のぶつかった迫真の演技が見たかったなと感じました。
原作に従順ではいけないので、仕方がないとは思いますが。
あれほど大きく二人を宣伝されれば、そこを期待してしまいますね。
けれども、ストーリーはとても良かったので、私はお気に入りの映画です。