映画「チキン・リトル」あらすじ

主人公のチキン・リトルは小柄な体で、ドラえもんで言うところの「のび太」という感じの冴えない男の子。
ある日、頭の上に落っこちてきたものを「空の欠片が落ちてきたー!」と勘違いし、町中をパニックに陥れてしまいます。
イタズラで事件を起こした訳では無いのですが、それ以来「ドングリ事件(頭の上にドングリが落ちてきたのを誤解し、町中をパニックにした事件)」と称して父親のバック・クラックでさえチキン・リトルの言うことを信じてくれなくなります。
チキン・リトルは野球大会で補欠でしたが、チャンスが訪れバッターボックスに立つことが出来ました。
ここで成功をおさめたら皆が認めてくれるはずだと頑張ります。
誰もが「チキン・リトルではもう無理だ」という諦めムードの中でヒットを打ちチームを勝利に導きました。
ずっと「ドングリ事件」で肩身の狭い思いをしてきた父親は、チキン・リトルの活躍にとても喜びます。
それを見たチキン・リトルもまた、とても嬉しく思います。
久しぶりの幸福に酔いしれていたチキン・リトル。
事件が起きたのは、その夜のことでした。
星空を眺めていたチキン・リトルの元に、また「空の欠片」が落ちてきたのです!
どうしていいのか分からずに、チキン・リトルは友達の、フイッシュとアビーとラントを呼んで相談します。
するとフイッシュが「空の欠片」を触ったせいでスイッチが押されたのか、欠片はフイッシュを連れて飛んでいってしまいます。
慌てたチキン・リトル達は、フイッシュを乗せた欠片を目掛けて追いかけていくと、そこにはUFOがありフイッシュは中に入り込んでいた!
フイッシュを何とかUFOから連れ戻せたものの、今度は宇宙人の子供が置いてきぼりになってしまい、、、。

映画「チキン・リトル」感想

空から降ってきた欠片を一生懸命に訴えるチキン・リトルの姿がとても不憫に感じました。
正直に話しているのに「嘘つき」呼ばわりをされて、さらに父親にも信じてもらえず、町の人には「息子は何か他のもの(ドングリ)と勘違いしたようです。すみません。すみません」と謝るばかり。
そればかりか、もう目立つことはしないようにと、チキン・リトルの行動や考え方をコントロールしようとしているところには、幻滅してしまいました。
何だかチキン・リトルのためだと言いながら、自分の保身のためじゃないの?と同じ親として感じました。
そんな親に対して、父親に見直して貰いたい!と頑張るチキン・リトルは子供らしい、「親に愛されたい」という一途な想いがみえてとても可愛らしく思いました。
置いてきぼりをくってしまった宇宙人の子供を、地球人にさらわれた!大変だ!と勘違いして地球を襲おうとする宇宙人達もまた子供を思う親が描かれていて、色んな親子の関係がみられた映画で楽しめました。